「SD-9 V2」発売のお知らせ | EXTREME GUITAR FORCE

New!! 弊社オリジナルブランド「EXTREME GUITAR FORCE」より『SD-9 V2』を発売します。

「SD-9 V2」は、
これまでのMaxonチューンナッププロジェクトの新作。モディファイ品とは異なる概念。それは、「設計者”田村進”氏自らMaxonをファインチューンし、グレードアップするプロジェクトであるから」です。

SD-9V2は、Maxonを代表する超ロングセラーディストーション「SD-9(ソニック・ディストーション)」を『Maxon/SD-9設計者 田村進氏』が現代版に作り直すコンセプト。

好評発売中の「SD-9 SUPER」は、文字通り”SUPER化”したペダルのため、本来のSD-9とは別物の音。

今回の「V2」は従来の「SUPER」のユーザーには別の使い方と音を楽める、取り入れてくださることができます。

「V2」は、伝統的Maxonサウンド、Sonic Distortionの延長線上に位置します。

・サウンドデザインはギターショップEXCELが行い、
・制作技術部門は全面的に田村進氏が行なっています。Maxon Sonic Distortionを基に田村氏が選定した高品位パーツを使い1台ずつを手作業で制作、AP測定器で厳正な検査を行います。

「音の追求が止まらないユーザーが喜ぶ物を販売する」EXCELのスローガンと一致する自信作です。

9月12日発売開始!

「V2」とは?
SUPERと共通している機能はただ一つ。
TONE機能。
ノーマルSD-9で問題視されたTONEを開くと音がキンキンになる..これは、SUPERと同様に「V2」でも改善。重要なのは、よくあるモディファイ物みたいに、TONEポットだけ替えたってのとも違います。
「V2」は(SUPERも同じ論理)TONEポットと、TONE回路そのものも改良。絞ればマイルドに、開けばエッジの効いたトーンに。開いてもローカットはしませんので、音はキンキンになりません。

EQは、TREBLE/BASSなど2帯域に分けたり、ミニSWで周波数帯域を変えるような万能タイプにはせず、「シンプル操作」に徹しました。GAIN, TONE, LEVELこの3つだけ。本来のSD-9と操作は一緒。でも音は異なり使いやすくなっています。

「V2の音」
伝統的なMaxonサウンドと言える、明瞭な高域の伸び方..これこそが「ソニック・ディストーションの醍醐味」の部分ですが、その部分はそのまま「V2」に継承。しっかりとSD-9本来の”歪み”が出ます。
「歪み方を綺麗に改良」
田村氏がAP(オーディオアナライザ=測定器)を使い、現代のワイドレンジなアンプに入力しても高い方の周波数帯域から厚みのあるローエンドまで「綺麗な歪み」がでるように改良。
これらの改良作業はAP測定器がなければできません(人間の耳で追うこともできなくはないでしょうけども、莫大な作業時間を要するでしょう..)。

ノーマルSD-9に比べると「V2の歪み」はクリアーに感じられます。雑味ナシ!です。

 本格派「高ダイナミックレンジ」化に対応。
「V2」はDC9〜18Vに対応。
・いつも通りDC9Vでお使いになると「進化系SD-9」として使えます。
DC18Vを入力することで、高域〜低域までワイドに変化。飛躍的に変わるので、18Vでの使用を是非推奨したいです。
ただし、使うパワーサプライは良質な物を選んで欲しいです。現在、各社テスト中ですので発売時期には良質な「V2に適した18Vパワーサプライ」をお知らせできる予定です。

18V使用は高ダイナミックレンジ化以外に、ニュアンスの付け方や、ピッキングの追従が向上します。巻き弦の早いリフだったり、リードトーンの”溜め”など、とてもやりやすくなります。
(先ほども書きました通り、9Vの使用も可能です。)

 ONにした瞬間「ロー」下がらない様に改良!
ディストーションペダルにありがちな..多くは聴感上の問題なのですが、ONにした瞬間に低音が欠ける、ミドルが下がった感じになり音細く感じる..は、「SD-9 V2」にはありません(SD-9 SUPERも同じ機能を持っています)。詳しくは企業秘密のナイショ・・ですが、この「ONにした瞬間に低域下がらない感」は様々な工夫を凝らして実現しています。

One Reply to “「SD-9 V2」発売のお知らせ | EXTREME GUITAR FORCE”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です