SD-9 V2を18Vで使う『推奨パワーサプライ』

弊社オリジナルブランドEXTREME GUITAR FORCEより、
9月上旬発売の新機種『SD-9 V2』(税抜価格 31,500)

Maxon Sonic Distortionをベースに、現代版に作り直したのが「V2」。


(Sonic Distortion V2 by EXTREME GUITAR FORCE)

前回まではトーンコンセプトのお話しをしたところですが、
前回の記事

「V2」の特徴のひとつには、9-18Vの電源に対応しました。
普通のMaxon SD-9, SD-9 SUPER by EXGを9V以上の電源で使用してはいけません。故障します。)

「V2」を9Vで使用すると、
伝統的Maxonサウンドをそのままに、「V2」で進化をしたLo感、押し出すMIDレンジ、クリアーな歪み、TONE機能、これらの進化はそのまま使うことができます。ヴィンテージ嗜好の方や、お手元に9Vパワーサプライしかないお客様はとりあえず9Vでお試しくださっても結構ですが、

本来我々の意図する「V2の音」は18Vで発揮されます。

設計、テスト段階においても、18V入力で繰り返し行なっていますので、「V2」のポテンシャルを100%引き出すためにも「DC18V」の使用を推奨します。

18Vパワーサプライ。
電池x2個で18Vにすることは現実的ではありませんので「18VでV2」を使う場合には、DC18Vに対応するパワーサプライの使用をお勧めします。

これもピンキリです。「V2」設計時には田村さんと幾つかのパワーサプライで検査を行いました。
数社の物をテストしましたところ、
いわゆる「単体モノのスイッチング DC18Vアダプター」ではあまりよい結果はでませんでした..。
音は普通にでますが、我々の意図する音、特に高域の明瞭さ、伸び、低域の座りのよさなどが今ひとつ。高域のノイズも気になる物や、高周波ノイズを除去するフィルターをかます様な物だとかえって音が丸くなってしまうものもありました。

各社の供給タイプのパワーサプライを何種類か試してみましたが、

格段によいもの、「V2」で目指した音を正確に表す電源は..

 strymon Ojai R30(オーハイ R30)です。

これは「別格でよい」です。

他社製品については全て試せた訳ではありませんので、もしかするとstrymon以外にも適した製品(18Vパワーサプライ)は存在すると思われます。この辺は今後ユーザー様や、販売店様と連携して今後も調査を続行します。

今現在は「strymon Ojai R30」をお勧めします。

ミニスイッチで18V出力を行える上、安定した電圧供給で、設置場所によるノイズの干渉もほとんど気になりません。

Ojai R30 DC18Vから供給する「V2」は、一気に高ダイナミックレンジ化、高域から低域まで一瞬でワイドレンジ化したことが分かります。ローエンドは高速リフから、ローチューニングしたギターであっても、どっしりとした低音、ブレない低域の座りの良さ、高域は明瞭に綺麗に伸びます。
レンジの部分以外にも、18Vで使うことで、広いヘッドルームを活かし、弾き手のニュアンスがつけやすくなります。ペダルの枠を超えた気持ち良いディストーションを是非ご体感ください。

SD-9 V2 by EXGは9月上旬発売予定。
価格 ¥31,500(税別)

島村楽器 柏店さんにて『V2 先行予約販売』を開始しております。
詳しくは「島村楽器 柏店 山口さん」にお問い合わせください。V2以外のEXGペダルについてもお尋ねください。

 

One Reply to “SD-9 V2を18Vで使う『推奨パワーサプライ』”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です