フレットエッジ(ROUNDED Fret Edges.)

このところ雨続きで結局、梅雨明けしてなかったのかも。

6月下旬の猛暑から、雨続きでいきなり涼しくなったり、蒸したりの繰り返して、普段よりネックも動きやすい。

ギターの避暑地?

当店は日陰立地で、店内は湿度管理、送風をしているためギターにとって快適な場所。この時期はしばらく預かっているギターもあります。オーナー様にとってギターの別荘のような存在となっています。

お客様のEXTREME-RXもピットイン中。

EXTREME-RX「SPEC-A」の調整中。
夏はネックが動きやすい時期。夏を越えれば戻る?と言う考えもありますが、様子見の重ねはあまりお勧めしません。逆反り(または順反り)放置でネックそのものを悪い補正=クセをつける恐れがあるため、長い目で見て、その都度調整することをお勧めします。EXTREMEの場合はネックを外さずに調整できる(ホイルナット方式)ため、異常を感じたら簡単に調整可能。
目安は:逆反りすると音が詰まる出なくなる、順反りするとやたら弾きにくいギターになる。

今日はタイトルにある小話で、

ROUNDED Fret Edges.

RX以降、フレットエッジの仕上げ方法、仕上がり形状が進化しました。一般的に球面処理と呼ばれます。
EXTREME-RXでは、この「形状」についてBlack Cloudさん(製作パートナー)と幾度も打ち合わせを行い、形状のテストを実施しました。
手に痛くなく、優しい手触りで、
一番重視したのは弦落ちしそう感の軽減。RXのフレットエッジは丸エッジしつつも、縦方向を少し残す形状にしたことで、演奏中に「落ちそう..」と言う心的な感覚を軽減します。

Steve Lukatherみたいに弾いても大丈夫。です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。