AMPERO +EXCEL PRESET「FW ver.3.1以降対応版」について(概要書) | テクニカルサービス

HOTONE AUDIO アンプモデラー「AMPERO」に、当店ではオリジナルプリセット「EXCEL PRESET」をインストールして販売中!

AMPEROのファームウェア(FW)3.0以降は内部システム、機能面が大幅なメジャーアップデートになりました。それに合わせて、EXCEL PRESETも刷新しております。

これまで、お買い上げくださったお客様へ「概要書」をお付けしておりましたが、ver.3.0以降対応品に関しましては概要書を作っていません。

「EXCEL PRESET for AMPERO ver.3.0以降版・概要書」はこのBLOG記事をその代わりといたします。よろしくお願いします。

EXCELプリセットはパーソナルモニターなどでの再生、『LINE使用』を想定して作成しています。
「CABエミュレーション=ON」の状態、PAモニターなどで(できればステレオで)お使いください。お使いになる再生環境が例えLINE使用であっても、EQやVOLの設定はお客様それぞれの使用環境に合わせて「音量と音質」の調節をお願いします。

ギターアンプのINPUTへの接続時。
CABエミュレーションのON/OFFなど、基本的操作と基本設定はお客様の再生環境に合わせて「ご自身で再設定」をお願いします。(簡単にできますが、分からなければお問い合わせください)。

プリセット内容「BANK 1〜4(各x3パターン)」
ルーティング解説は割愛します。本体画面内をご確認ください。

BANK1 「BASIC Clean」(ブロック共通)x3プリセット
Hi-Fiなクリーントーン、空間系エフェクトを組み合わせた、できる限り「ラックサウンドのクリーン」を意識して構築。ルーティング変更も行なっています。

BANK2「AMP Clean, LEAD#1, LEAD#2」(ブロックはプリセットごと異なる)
アンプヘッドを使った、クリーントーン、2段階の歪み。空間系エフェクトのルーティング変更や、空間系エフェクトをアナログトーンの物を組み合わせ、このBANKだけでもロック、フュージョン系の「1曲に対応」できます。
DETUNEの組み合わせを使った「EVH風」も搭載。

BANK3「M.L/Marshall」(ブロックはプリセットごと異なる)
アンプヘッドを使ったオーバードライブ、ハイゲイン、ペダルエフェクトを組み合わせた3プリセット。90年代のBURNING WATERを彷彿するブルース〜ロックサウンド。

BANK4「S.Lサウンド」x3プリセット
4-1,4-2は空間系エフェクト、DETUNEも搭載した90年代のルカサーサウンドを2つ、
4-3は近年のそんなに歪ませない(太い)ルカサーサウンドを搭載。HOLD THE LINEもそのまま弾けます。
FW ver.3.0以降のルーティングチェンジを活用できることから、空間系エフェクトのかけ方がより90年代のS.Lサウンドに近づきました。

過去にお買い求めくださったお客様へ。
「バージョンアップと改訂版プリセットインストールサポート」を実施中!(費用別途)。当店までお問い合わせください。
当店お買い上げのファーストオーナー様限定。中古購入、譲渡品、他店お買い上げ品は除きます。

商品ページはこちら。

One Reply to “AMPERO +EXCEL PRESET「FW ver.3.1以降対応版」について(概要書) | テクニカルサービス”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です