EXG-RX製作状況「裏側」

裏話。ということではなく、

「ボディ裏側」の話。

 

ネックジョイント「たまご型」

従来モデル(HYPER)と同じ流れにはなりますが、形状は刷新・新設計。HYPERではストレスフリーネックジョイントと称し、片側が撫で肩のような非対称でしたが、

EXG-RXのネックジョイントは「手のひらで包み込むイメージ」を成形。ネックグリップとネックジョイントが自然な角度で重なる「たまご型」。

ハイポジション移動時に手がぶつかる感じがありませんし、この感触、ある意味の気持ちよさ..何度もハイポジに移動したくなります。

ネックはプレートを介さないブッシング式で固定。ここでも余分な感触を減らしています。

バックプレート「スリット付」

こちらも従来(EXG-HYPER)と同様に、スリット付き。

プレートを外さずにスプリングハンガーの微調整をプラスドライバー1本で可能。

こちらの形状。Black Cloud/Black Smokerのバックプレート。EXG-RXにも共通装備。

 

..このように、順調に進んでいます。

↓EXTREME GUITAR FORCE「EXG-RX」詳しくはこちら!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です