RX「発売目前情報」| EXTREME GUITAR FORCE

EXTREME GUITAR FORCE

弊社オリジナルブランド『EXTREME GUITAR FORCE』のカスタムギターがモデルチェンジ。
2021年10月発売以降は名称「RX」として発売を開始します。

以前のモデル「HYPER」は主にカスタムオーダーを中心に製作。1本ずつが異なる仕様が特徴的でした。

New 『RX』は従来機のHYPERで築いたディンキーSTスタイルを継承しつつ、

「RX」はボディ形状もネックグリップもヘッドデザインも刷新。
全て「新規で設計」しました。

 

New『RX』は製作会社を1本化。新たに「ブラッククラウドギタープロダクツ株式会社」と提携。地元企業とのタッグにより連携面が強化。企画〜製作〜お客様サービスに至るまで素早い対応が可能となりました。


(写真:Black Cloud 柳澤さん。EXG-RX全ての組み立て、セットアップを担当します。)

設計、素材選び、加工方法、組み立て、塗装、セットアップ、全てが新しいものとして誕生する『RX』をカスタムギターファンを満足させるものとしてご期待ください。

発売開始直前、製作も大詰めです。

代表モデルをご紹介します。

RX-Black Standard

RX-Black Standardは、ズバリ「RX」とはこれだ!を示す『ベーシック・スタンダードモデル』。オプション装備をしないノーマル仕様。このギターが『代表モデル』になります。

既に90%まで完成している段階でテストしましたが、第一印象が想像以上に「よい」です。
どうよいのか?
発売時に詳しくご説明したいと思いますが、とにかく音が前に出る、ミドルが出る(=ペラくない!)、ニュアンスが付けやすい。

このプロジェクト。 やってよかったー・・と思った瞬間なのでした。 「お客様に喜んでもらえることをやる!」EXCELのファーストクレド通りのギターが間もなく発売を迎えます。
New 『RX』特徴のひとつとなるフレット、ネックエッジの仕上げ方法、ローアクションにできるネックの作り、仕込み角度との相対関係により「弦高を下げることができるギター」でRXは作られます。1弦12f約1mmのローアクションで弾きやすく、頑張って弾かなくても出したいトーンはちゃんとでます。

サウンドコンセプトとして、デジタルDSP機器でしっかり使えるようにしたかったんですよね。計画通り、ミドルもしっかり出ますし、FRACTAL,strymonなどの高ダイナミックレンジを誇るアンプモデラーで「パッシブ」ながら快適に使えます。

10月下旬より発売を開始します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です